headimg

Profile

日本語DeutschEnglish

prof

宮﨑貴子(みやざきたかこ)

東京音楽大学ピアノ演奏家コースおよび同大学大学院を経て、ドイツ・ハノファー音楽演劇メディア大学ピアノ科、同大学古楽器科卒業。同大学修士課程フォルテピアノ科修了。在学中、同大学オペラ科にて伴奏助手を務める。
これまでにピアノを故・神野明、藤原亜美、播本枝未子、石井克典、倉沢仁子、ゲリット・ツィッターバルトの各氏に、フォルテピアノをG.ツィッターバルト、ツヴィ・メニカー、チェンバロをZ.メニカー、リート伴奏法をヤン・フィリップ・シュルツェの各氏に師事。

2013年シューベルト国際コンクールリートデュオ部門優勝(ドルトムント・ドイツ)。 ドイツ各地にてリート伴奏者、フォルテピアノ奏者、チェンバロ奏者として活躍。2014年帰国。2014年、2015年、2016年のフォルテピアノリサイタルはいずれも誌上にて高い評価を得る。2015年6月トッパンホールランチタイムコンサート出演。その他ヤマハ銀座サロンでのフォルテピアノレクチャーコンサートシリーズ、武久源造氏との共演も多数行う。
フォルテピアノ、リート伴奏、女性作曲家作品を軸に多彩な活動を展開しており、その日本人離れした豊かな色彩感、躍動感溢れるダイナミックな演奏と楽曲に対する深い洞察力は国内外の誌上・紙上にて高い評価を得ている。
ピティナピアノコンペティション、日本バッハコンクール等審査員もつとめ、後進の指導にもあたっている。ピティナWebサイト「鍵盤楽器事典」に執筆。ピアノ音楽誌月刊「ショパン」にて《聴いてみませんか?弾いてみませんか?女性作曲家作品あれこれ》連載(2017年5月~2020年10月)。
全日本ピアノ指導者協会正会員。女性と音楽研究フォーラム正会員。

 

 

 

kei

Takako Miyazaki

 

 

 

kei

Takako Miyazaki

Takako MIYAZAKI studied piano and early music at the Tokyo College of Music, and then at the Hochschule für Musik, Theater und Medien Hannover, Germany, where she finished the undergraduate programs of the piano and the early music department. She continued her study at Hannover and finished the postgraduate program for the fortepiano performers in 2014. She started her professional career even during her stay at Hannover working for the department of opera as an accompanying pianist, and more enthusiastically after graduation as lied accompanist, fortepianist, and in various cities in Germany. The highlight of her career, so far, is the the grand prix at at the international Schubert competition in Dortmund in 2013. Currently she goes back and forth between the two countries, and has been successful in gaining internationally high evaluations of her performances in fortepiano, female composer works, and lied accompaniment. Her successes, internationally competitive, come from the skills in the realization of the colorful tones, lively dynamic performances on a piano and fortepiano and her deep understandings in the music she works on.

Her mentors of her studies in Japan are the late Akira Jinno, Ami Fujiwara, Emiko Harimoto, Katsunori Nshii, Hitoko Kurosawa and in Germany Prof. Gerrit Zitterbart for piano studies, for fortepiano again Prof. Gerrit Zitterbart and Prof. Zvi Meniker, and for lied accompaniment method Prof. Jan Philip Schulze.

PAGE TOP